時期を間違えないで!転職するのにベストなタイミングは?

転職するのにベストなタイミング
最近では転職ブームという言葉も聞かれるようになってきていて、実際に転職する人も増えてきています。就職したいけど新しいことに挑戦したいのでしょう。

また人間関係に問題があって環境を変えたいという人も多いです。しかし転職するのにベストなタイミングが分からない人もいるのではないでしょうか。

ここでは転職するのにベストなタイミングについて考えていきましょう。

入社してから5年前後

最近では、入社したけど3年以内に退職して違う会社に転職している人が多いです。しかし入社して3年以内だと経験をそれほど積めているわけではありませんので、転職しても力を発揮することができない可能性も。

また3年以内で会社を辞めてしまうというイメージも悪いです。入社して5年ぐらい経過していれば経験を積んでくる時期でもあるので転職してからも力を発揮することができる可能性が高いです。

またすぐに会社を辞めるというイメージも持たれないので入社してから5年前後が転職するベストなタイミングではないでしょうか。

28歳から30歳

転職する人の年齢を見ると、25歳から27歳ぐらいが一番多いと言われています。確かに若いときに転職してしまえば仕事を覚えるのも早くなるのでこのタイミングがベストと考える人も多いのでしょう。

しかし25歳から27歳で転職していると我慢強さが欠けていてメンタル的に少し弱いのではないかと思われてしまうことも。

その影響からか転職に失敗している人も実は少なくありません。前の職場でも何か結果を残してから転職した方が有利になりますので28歳から30歳がベストのタイミングではないでしょうか。

9月から10月

日本では4月に新卒で新入社員が入ってくるため、周辺の時期は転職するのは難しい部分があります。

ベストなタイミングは新卒で新入社員が入ってくる半年後の9月から10月。この時期は人事が変わることも多いですので、新しい力が必要になります。

その影響で積極的に中途採用を行っていますので転職に成功しやすいです。