育毛に良い食べ物をとることで体と髪の毛を元気にする

育毛についてまとめ
育毛と言えば、育毛剤を使えば即効果が表れるように思いますが、やはり食事からとる栄養が大切なのは基本です。

偏った食事で栄養素が不足していては、健康にもよくないし、もちろん髪の毛に良いはずがありませんよね。

髪の毛は食べたものから摂取した栄養があってこそ生成されるものだし、薄毛が気になっている人は頭皮を清潔に心がけるとともに、摂取する食べ物についても十分意識することが育毛にも重要なのです。

髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合してできたケラチンというたんぱく質で形成されているので、良質なたんぱく質をたくさん摂取することが必要です。

そして効率よくアミノ酸が合成できるためには、やはりビタミン、ミネラルなどをバランスよくというのも重要なことでしょう。そして摂取した栄養素が順調に血液によって頭皮に運ばれて育毛につながるように、血液をサラサラにして、代謝を高める栄養素もぜひとりましょう。

具体的にどういう食べ物を食べればいいのでしょうか。まず良質なたんぱく質といえば、大豆製品でしょう。

煮豆などを常備菜にするとか、お味噌や豆腐、納豆などを気を付けて毎日とるようにすれば、動物性たんぱく質などのように脂をとり過ぎることもないし、栄養素の吸収効率も良く植物繊維やイソフラボンも取れるという優れものです。

大豆のイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをもつ成分があるので、男性ホルモン過剰分泌も防ぐことが出来ます。育毛にとってさらによいことに、ホルモンバランスを調整して抜け毛も防いでくれるのですね。

そして たんぱく質を分解して合成するためにビタミンA、B6、Dが必要です。ビタミンAは、皮膚や髪の毛の健光に欠かせない成分ですが、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、うなぎなどがおすすめです。

ビタミンB6は、アミノ酸の代謝に不可欠で、 アジ、サバ、カツオ、マグロなどの青魚に多く含まれます。

ビタミンDはカルシウムの摂取をよくするのですが、カルシウムは髪の黒い色素を作り出すために必要な栄養素、鮭、いわし、さんま、アジ、サバなどの魚をとりましょう。

ミネラルや亜鉛も男性ホルモンを抑えて脱毛を防ぐ効果があるのですが、イワシなどの青魚や牡蠣に多く含まれています。

わかめや昆布は昔から髪に良いと言われてきましたが、ミネラルや亜鉛が多く含まれているのですね。
そして血液をサラサラにして細部に栄養がいきわたるようにするために、血栓を分解して血流をよくするアリシンが含まれているネギ科のにんにく、たまねぎなどがおすすめです。

こういった食べ物を毎日気を付けてとることで、自然に体全体が健康になっていき髪の毛までも生き生きと育毛できることは間違いないと思います。

人気育毛剤の効果比較