セイバンのランドセルの特徴である「天使のはね機能」とは?


CMでよく流れているセイバンのランドセル「天使のはね」。「ラランラン ランドセルは〜 ててんてん 天使のはね〜」と1度聞いたら、思わず口ずさんでしまいたくなります。

セイバンのランドセルの特徴であるこの天使のはねはどういうものか?ご存知でない人もいるかもしれません。

天使のはねとはどういうものなのか、説明していきたいと思います。

セイバンとは?

ランドセルを販売しているセイバンは、大正8年に創業を開始した、歴史の長い会社です。

セイバンの本社は兵庫県にあり、ランドセルやランドセル関連のグッズを製造、販売している会社です。

セイバンのランドセルの特徴

セイバンのランドセルの特徴は、なんと言っても「天使のはね機能」です。

肩のベルトの付け根に内蔵されており、肩ベルトの付け根が立ち上がることにより、肩と背中にバランスよく、フィットしてくれます。そのため、重たいランドセルを担ぐ子供への負担を軽減させてくれます。

また、天使のはね機能はそれだけではなく、背カンが左右とも連動して動くようになっているので、常に重心が安定しているのも、子供への負担を軽減させてくれる仕組みになっています。

セイバンのランドセルは、デザインやカラーバリエーションも豊富に揃っており、買う方が迷ってしまうほどの選択肢があります。

しかも、ランドセル専門ブランドには珍しく、本革を使用しているランドセルも取り扱いしているのが、セイバンのランドセルの特徴です。

セイバンのランドセルはどのような人におすすめか

親的には「6年間使うので、色や柄などの見た目で選ぶのではなく、使い勝手や背負いやすさで決めてほしい」と思っている人も多いと思います。

しかし、セイバンのランドセルは、先程も説明した通り、様々なランドセルのライナップを取り揃えており、親も子供も納得して購入できるようになっています。

値段だけ見ると、他のランドセルに比べると少し高めなので、「安くでいい」と言う人にはおすすめできません。

ある程度の予算があり、様々なランドセルを見て、選びたいと言う人には、セイバンのランドセルがおすすめです。